家督山(あとどさん)


 家督山(あとどさん)は、海士町で一番高い山です。山頂(さんちょう)には神社(じんじゃ)もあり、春には祭りが行われ、たくさんの参拝客でにぎわいます。又、ここからの景色はすばらしく、知夫や西ノ島はもちろん、島後も見ることができます。

一つの山ですが、見る方向(ほうこう)によって、季節(きせつ)によってと、様々(さまざま)な姿(すがた)を見せてくれます。
役場(やくば)などがあるや海士町の中心地(ちゅうしんち)が見えます。右の写真をクリックしてみてください。
たくさんの参拝者(さんぱいしゃ)でにぎやかなお祭りのようすです。
諏訪湾(すわわん)を見下ろすこともできます。左の写真をクリックしてみてください。
うっすらと見えるのが知夫(ちぶ)です。
西ノ島町を見たところです。時間があえばフェリーも見えます。