昔(むかし)の学校(がっこう)


 昔の学校の写真です。それぞれの写真や図をクリックすると大きくなります。

海士町では、明治6年に布施(ふせ)、太井(だい)、須賀(すか)、知々井、崎、海士に小学校ができました。

明治22年(1889年)に、太井(だい)の小学校が布施に移(うつ)りました。その後、昭和26年(1951年)御波(みなみ)小学校となりました。

明治6年(1873年)に海士小学校ができました。
明治7年(1874年)に作られた菱浦小学校(ひしうらしょうがっこう)です。この写真は明治24年に新築されたものです。外から見ると、明治の学校の特色(とくしょく)を感じることができます。2階建(かいだ)てで、教室(きょうしつ)は3つあったようです。昭和29年(1954年)に解体(かいたい)されるまで、菱浦にありました。
菱浦小学校の卒業写真(そつぎょうしゃしん) 大正時代だそうです。
明治39年(1906年)にできた日ノ津小学校の(ひのずしょうがっこう)写真です。大正5年(1916年)には児童数(じどうすう)84人、大正10年(1921年)には80人の児童がいたそうです。教室(きょうしつ)は2だったそうです。学校のすぐ前に小川(おがわ)があり、掃除(そうじ)をしているとうなぎがでてきたこともあったそうです。大正14年には、中小学校といっしょになりました。
明治6年(1873年)にできた崎(さき)小学校の写真です。その後、明治37年(1904年)に多井(おおい)分教場(ぶんきょうじょう)といっしょになりました。

現在(げんざい)残っている建物(たてもの)の前の時代の写真です。

昭和58年(1983年)に福井小学校といっしょになりました。

昔(むかし)の国語(こくご)の教科書(きょうかしょ)です。
海士中がある場所に、大正14年(1925年)に中(なか)小学校ができました。

中小学校は、教室が4つと講堂(こうどう)がありました。福井小学校ができる時に、この建物(たてもの)が移(うつ)され、今はランチルームや家庭科室(かていかしつ)になっています。

昭和30(1955)年ごろに福井小学校が建設(けんせつ)されている時の写真です。
昔の授業風景(じゅぎょうふうけい)
昭和30年に、菱浦小学校と中小学校といっしょになって、福井小学校ができました。

その後、昭和58年(1983年)に知々井(ちちい)、御波(みなみ)、崎の小学校もいっしょになりました。

昭和30年以降(いこう)の福井小学校はこちらです。
昭和51年(1976年)に写した御波(みなみ)小学校の写真です。
昭和51年(1976年)に写した崎(さき)小学校の写真です。
昭和51年(1976年)に写した知々井(ちちい)小学校の写真です。

昔の海士町の写真へ

現在の海士町へ

サイトマップへ