福祉体験活動(ふくしたいけんかつどう)

 福井小学校の子どもたちは、5年生の総合的(そうごうてきな)な学習(がくしゅう)の時間(じかん)を使って福祉体験活動(ふくしたいけんかつどう)をします。その主なものが2つあります。そして、それぞれで体験したことをふりかえり、学習発表会(がくしゅうはっぴょうかい)である「あとどフェスティバル」で、地域(ちいき)の方々(かたがた)や保護者(ほごしゃ)の方々に発表(はっぴょう)しています。