遠足(えんそく)
福井小学校では、春と秋に遠足(えんそく)を実施(じっし)します。しかも、それぞれに目的を持ち、内容(ないよう)も大きく異(こと)なります。
ただ、いずれにも共通(きょうつう)している思いがあります。それは、海士(あま)で生まれ、海士で育った子ども達が、大人になっても きちんと海士のこと、島前(どうぜん)のことを正しく知り、きちんと語れるようになってほしいという願(ねが)いをもっています。
では、遠足に出発(しゅっぱつ)です。


春の遠足(はるのえんそく)

春の遠足2


秋の遠足(あきのえんそく)